犬のトイレしつけ・トレーニング

パス子
パス子
もじもじ。トイレはどこですればいいのかな~。場所が分かりにくい

トイレのしつけはとにかく失敗させないことがコツなんだ。

ちょっとした工夫で出来るようにもなるから諦めずに頑張ろう!

パス男
パス男

 

トイレのしつけで大事なのは”失敗させない環境″

例えば

・トイレトレイが大きい
・トイレ専用場所(サークル内は全部トイレシーツ)
・トイレのタイミングを把握してる
・トイレを我慢してもらい、我慢後にトイレに連れて行く

など失敗しようがないように工夫することが大事です。

僕がいつもお客さん宅伺いいつも見て思う事は

・トイレが小さい
・家の隅にトレイを置いてる
・常に犬がフリー
・トイレ専用がない
・トイレの場所が分かりにくい
・トイレまで距離が遠い
・留守が長く多すぎる(人がいない時間が多い)

など失敗しざるを得ない環境がトイレが上手くいかない事があります。
もともと“尻癖”が悪い犬も存在しており、これは癖の問題なので中々改善しません。

 

トイレの癖は“習慣”

人で言うと

朝起きたら顔を洗う
すれ違う人に挨拶する

など頭で考えて行動しないのが“習慣”です。
犬のトイレのしつけも頭で考えて行動させるのではなく“トイレがしたくなったら何も考えずにトイレに駆け込む”なのです。
人もショッピングモールなどでトイレを探す場合は案内板を見てトイレへ行くのと同じです。
そして一番重要なのは”飼い主さんの所へ行く前に育った環境”です。

譲渡前の環境が重要な理由
トイレは動画である通り“生後20日”でトイレは覚えます。生後20日は目が開いて1週間ほどしかたってなく、やっとこさよちよち歩ける程度です。しかし、見てわかる通りトイレがしたくなったら母犬から離れて外でトイレをして用が済んだら母犬のお腹へ戻ります。さらにトイレはちゃんとトイレトレイにすると“トレイはトイレ”と自然と覚えてくれる確率が上がります。勿論、トイレまでの距離が近いと言えど子犬からすればトイレまで遠いこともあり、間に合わなったり母犬に体を舐められて寝床で漏らしたりすることはあります。しかし、意識(頭の中)はトイレへあるので成長して体が動きやすくなるとすぐに出来るようになります。これを見た限りではやはり犬は綺麗好きで寝床を汚したくないと自然に思うわけです。また寝床が汚れても母犬が綺麗に片付けます。そして人も介入して毎日綺麗にします。

話は戻りではなぜブリーダーや譲渡する前の環境が大事かというとここでキチンととしてれば譲渡後の新しい飼い主さんにバトンが渡しやすくなります。

環境が変わっても変わらないもの

飼い主や住む場所が変わっても

“トイレトレイ”
“シーツ“
”寝床(クレート)”
”サークル”

は変わりません。

そのまま同じ飼い方をすれば勝手にトイレはしてくれて問題はなくなります。

これが“失敗しない環境を整える”です。

少し勝手が変わり犬も失敗したりすることもありますが、トイレのしつけの土台はしっかりしてるので環境に慣れてくると大体はうまくいくかと思います。

 

なぜ尻癖が悪くなるのか?

それは育った場所が寝床やトイレの”境界線”がない事です。

衛生を保たなかったり、トイレと寝床の区別を付けないことにより“寝床もトイレも同じ”となってしまいどこでもトイレをしてしまう癖がついてしまうわけです。

これこそが失敗してしまう環境を整えてしまうという事です。

早い話不衛生で育った環境がそうさせるのだと思います。

子犬も初めは綺麗なところで寝て、寝床以外はトイレ…としますが、環境が悪いとだんだんと綺麗な所が無くなり寝床までも不衛生が侵食していってトイレはどこも同じとなってしまいます。

また汚れたところも気にしない性格にもつながるかと思います。

勿論、これが全て当てはまるわけでもなく、そうなるケースが増えるという事です。これを踏まえると譲渡する前の“育ち”がカギを握ギるのだと推測されます。

正しい育ち方をすれば、もし新しい家庭に行って環境が変わりライフスタイルが変わり出来ていたトイレのしつけが出来なくなった場合でも正しい飼い方に戻せば子犬も体が覚えておりすぐに元に戻る確率もぐんと上がります。

人も小学生中学生の頃に何か習い事をしてると大人になっても何となく体が覚えて何となくこなすのと同じかと思います。

 

性格でトイレの差がでる?

犬の性格・性質によりトイレのしつけの上達に差が出ます。

 

気が小さい子や繊細な子はトイレが上手

↳やはり綺麗好きで汚れてるところを嫌うので寝床以外でトイレをよくする。綺麗汚いの境界線をうまく張ってる。

デメリット

↳シーツが少しでも汚れてるとしなかったり、トイレではない綺麗な所で粗相をしてしまう。

 

大胆で細かいことを気にしない平和タイプ

↳平和なタイプで陽気。差別がなく誰とでもフレンドリー。

デメリット

↳逆を言えば境界線がない性格なので綺麗汚いの区別がない。例えると高級寿司でも100円寿司でも喜んで食べるために違いが分からない。なのでトイレの上で寝たりするのにも抵抗がなく、違いが分からないので自分の寝床でトイレもしてしまう。

 

子犬を迎えた日のトイレ

子犬を迎えた日は色々なことに慣れていかないといけません。まずは

・(左)サークル(リビング)作り
・(中)トイレ作り
(右)クレート

愛犬が来た日はとりあえずクレート(右)かサークル(左)に入れて様子を見ます。

愛犬に安心する場所を1つ提供して”逃げ道”を与えます。

慣れてくると寝たりじゃれたり、水を飲んだりしますので慣れてきたらトイレ専用場所へ誘導します。

トイレをしてもしなくても良いのでしばらく様子を見てトイレをしたらサークルへ入れる。しなくてもサークルへ入れる。

これを繰り返すことにより犬もだんだんと勝手を覚えていきます。

とにかく1日のルーテーンを作ってあげます。

 

失敗させないトイレのしつけ方

まずは部屋(リビング)・トイレ・寝室作りから始める。

普段過ごす部屋は人で言うとリビング、トイレと毛布

普段留守をさせる時などに最適

失敗させない環境作りのためにトイレは大きい方が良い。

留守が留守が長くなったりすると上手くトイレをしてまた次違う場所でトイレが出来るからです。

トイレが小さいと汚れたシーツの上にしたくないために毛布などにトイレをして段々と失敗が増えます。

なので留守が長く多い日の家庭は上手く出来てたとしても失敗する様になります。

また上手に出来てたとしても飼い主が帰宅時に子犬が喜びトイレを踏み倒してしまうケースも少なくありません。

トイレ専用

トイレ専用場所はほとんどの飼い主さんは設置しておりませんが、トイレ専用場所が必要。写真を見てわかる通り失敗しようがありません。この上がトイレと覚えたら完璧。

↑クレートなどに入れてトイレを我慢させたり、食後や運動後などトイレのタイミングと同時にトイレ専用場所”へ移動させるトイレを失敗しようがない状態になり、ここがトイレと習慣化できます。

子犬は成犬よりも我慢が苦手なのでトイレの場所は分かりやすく近い場所を選びましょう。また設置すればなるべく場所は変えないようにしておきましょう。

 

↑このサークル内がトイレと覚えたらこれを移動したり持っていくだけ。

トイレ専用場所はサークルを利用してることにより”サークル内でトイレをする習慣”にもなり愛犬と旅行や遠出する時はトイレ専用サークルを持っていくとトイレを誘発しやすくもなります。

連れて行き方

トイレ専用場所への連れて行き方は抱っこして連れて行くのではなく、キッチリと紐を付けて連れて行き、トイレ場所で紐を放しましょう。

理由はトイレまでのルートを覚えてもらうため(癖付け)するためです。

これを1ヶ月ほど続けると自分からトイレへ駆け込むようになります。

紐をつけずにつかんだり首輪を持ったりすると手を嫌がったり、手にじゃれたり、逃げたりとするようになります。

早い子で2週間ほど。紐をつけて誘導してると犬に誘導する前に自分からトイレに入るようになると紐は要らなくなります。

毎日毎回やってると感覚でわかるかと思います。

トイレのサークルを外す

トイレ専用場所でトイレができて自分で駆け込むようになれば次はサークルを外しましょう。

初めはトイレがしたいのでトイレ専用場所で訳も分からずトイレ。

これを繰り返すと“サークル内はトイレ”と習慣化されて次第には“トイレトレイはトイレ”ともなります。

これが習慣化されると”サークル内→トイレ””トイレトレイ→トイレ”となり、トイレがしたくなるとトレイやサークルを探してそこでトイレをするようになるわけです。

そうすると”トレイはトイレ”となるのでトレイを持っていくだけでどこでもトイレが可能になるわけです。

また関連付けを利用するのに合図は”シーシー”など分かりやすい合図を付け加えるのも良い方法です。

褒め合図の声掛けの注意点
声掛けはトイレに集中しているのに飼い主さんや人好きな性格には不利になることがあり、せっかく上手くしようとしているのにこちらの掛け声で寄って来たり、こちらばかり気にしてトイレをしなかったりと弊害もあります。このような場合は目も合わせず見守ることも大事です。うまく出来た後に褒めるのも良いです。褒めすぎると褒め待ちでトイレをしない場合もあります。しっかり愛犬の性格を把握してケースバイケースでやっていきましょう。

 

終わりに

こんな風に簡単にみえますが、やはり手間暇がかかり監視と人手が必要となり”失敗させない”がカギとなります。

時間が無かったり留守が長かったりとするとやはりトイレのしつけは難しくなります。もうすでに完成していて成犬になっていれば問題ありませんが、冒頭にも書いた通りトイレをうまく出来ているのに見ている人や片付ける人がいないことにより、段々出来なくなります。

そしてトイレのしつけはできる犬は自然とできるようになっており、できない犬はトコトンできません(尻癖が悪かったり、悪い癖が年齢的についていたり)。

しかし、尻癖の悪い犬の飼い主さんにアドバイスすることはとにかく失敗させない環境を作り(クレートやサークル、タイミング、行動範囲の制限など)を徹底してもらいますのでやり方は基本同じになります。